エクオール

腸内で作られる物質エクオールが注目を浴びています

エクオールとは

いよいよ女性ホルモンを自分でお手入れする時代
 女性ホルモンが若さ美しさと抜き差しならない関係を持っているのは、誰でも知っている。でもそれを自分でコントロールするというのは極めて難しいこと。単純に女性ホルモンの分泌が高いほど、見た目にきれいになるし、気持ちも安定する。

 しかし、女性ホルモンを直接的に高めようとホルモン成分をそのまま届けるのは、大昔の“ホルモン配合クリーム”みたいに副作用があって、長くタブー視されてきた。それがにわかに安全に女性ホルモンを高めようとするコスメやサプリが登場、改めて市民権を得ている。いよいよ本気で女性ホルモンがエイジングケアの主役の一つとして躍り出ようとしているのだ。

 ただし、ホルモンケアには注意が必要で、ただ高めればいいというものではなく、女性ホルモンのレベルを高めるようなアプローチも、女性ホルモンの分泌が減る40代まで待たなければならない。

 例えば、最近は大豆イソフラボンをもとに腸内で作られる物質エクオールが注目を浴びていて、大塚製薬のエクエルは、そのためのサプリだが、この物質を自分の体内で作れる人と作れない人が約半々。それをチェックする検査ツールまで登場している。どちらにせよ、安心して女性ホルモンを補う時代が本格的に始まる。いよいよ女性ホルモンを自分でお手入れする時代
 女性ホルモンが若さ美しさと抜き差しならない関係を持っているのは、誰でも知っている。でもそれを自分でコントロールするというのは極めて難しいこと。単純に女性ホルモンの分泌が高いほど、見た目にきれいになるし、気持ちも安定する。

 しかし、女性ホルモンを直接的に高めようとホルモン成分をそのまま届けるのは、大昔の“ホルモン配合クリーム”みたいに副作用があって、長くタブー視されてきた。それがにわかに安全に女性ホルモンを高めようとするコスメやサプリが登場、改めて市民権を得ている。いよいよ本気で女性ホルモンがエイジングケアの主役の一つとして躍り出ようとしているのだ。

 ただし、ホルモンケアには注意が必要で、ただ高めればいいというものではなく、女性ホルモンのレベルを高めるようなアプローチも、女性ホルモンの分泌が減る40代まで待たなければならない。

 例えば、最近は大豆イソフラボンをもとに腸内で作られる物質エクオールが注目を浴びていて、大塚製薬のエクエルは、そのためのサプリだが、この物質を自分の体内で作れる人と作れない人が約半々。それをチェックする検査ツールまで登場している。どちらにせよ、安心して女性ホルモンを補う時代が本格的に始まる。

生理日と排卵日の肌の状態が目に見えて違う事実に着目
 一方、生理日と排卵日の肌状態が目に見えて違う事実に注目、さらに心の状態も明らかに違うことを調査解明して、それをスキンケアに見事に反映させたのが新生カネボウ。肌もピカピカ、気持ちもイキイキ、じつは顔立ちまで整って見える排卵期の美しさを、揺るがぬ自分の基準にしてずっとキープする働きを持った美容液、ブルーム オン セラムがついに発売となったのだ。

 確かにそう。個人差はあるけれど、排卵期にびっくりするほどキレイになる人って少なくない。誰にでもある“一番きれいな日の肌”も自分の肌。それを基準にしてしまえばずっとキレイでいられる。そういう働きかけを習慣にするのが未来のスキンケアとなることは間違いないのだ。くすみとごわつきをケアして、ふんわりと弾むなめらか肌に整える美容液は、なじませた瞬間、軽やかなオイルがウルウル広がる未体験の処方で、何とも心地いい。一番きれいな自分を作るケアを始めよう。

 そしてもう一つ、生理痛には、いわゆる鎮痛剤を飲むくらいしか思いつかなかったはずだが、“生理日の腹痛”などを緩和するためのボディオイルがあることも、ぜひ知っておいて欲しい。それが、オーガニック系にして他にないユニークな商品を数々開発提供して、注目度ナンバーワンであるアルジタルの5DAYオイル。

「なぜ5デイなのか?」と言うなら、生理がなんだかんだ5日間は続くから。決め手となる“トルメンチラ”は、ヨーロッパではポピュラーなハーブで、月経時に効果的な上に、保温や保湿作用があることから「太陽のハーブ」とも呼ばれるもの。この憂鬱で不快な5日間を心地よく快適に過ごすためのオイルというふうに考えて欲しい。

 いつもよりブスになる生理前後の自分を、諦める時代ではもうないのだ。そして忍び寄る更年期にもきっちり対応して、女であることを生涯忘れない時代がもうすぐそこ。少なくともクレアの読者は完全に間に合う。女性ホルモンの低下に振り回される時代は終わるのだ。

 

広告を非表示にする